1. ブリヂストンサイクルTOP
  2. お客様サポート
  3. FAQ(よくあるご質問)
.寒い時期になると、走行距離が短くなったりアシスト力が弱くなったように感じます。何が原因でしょうか?
答え

主な原因として、バッテリーの温度変化による影響が考えられます。

バッテリーの温度が下がった状態では、一充電当たりの走行距離が短くなったりアシスト出力が低下することがありますが、これはリチウムイオンバッテリーの特性であり故障ではありません。

バッテリーを15~25℃の室内で保管してからご使用いただくと、症状を軽減することができます。

また、登坂や発進などバッテリーに負担のかかる場合には、変速ギヤの軽いギヤを使用してください。

尚、この症状はバッテリーの劣化に伴い発生する場合もございます。
上記方法をお試しいただいても症状が改善されない場合は、バッテリーのお買い替えをお願いいたします。


<シングルパワーパネル(スイッチ)では>
デュアルドライブに搭載しているスイッチ(下図参照)は、バッテリーやモーター等が温度の影響を受けた状態(温度保護制御状態)になると、アシスト出力を抑えるだけでなく、合わせてメインスイッチのイベント表示ランプを黄色く点灯させてお知らせします。【パワーセーブ表示*】
*パワーセーブ表示は、シングルパワーパネルのみに搭載された機能です

 

③画像

最終更新日: 2018.02.17
このFAQは問題解決に役立ちましたか?
役に立たなかった
役に立った
5 (3 件の投票)
タグ検索
タグは登録されていません

販売店を探す

WEBカタログを見る